2018年05月

こんにちは!

今回は、準備ができましたので、寄せ植え教室のご案内です


まだ寒い日や雨の日もありますが、
やっぱりこれから暑くなることを意識して
寄せ植えとも付き合っていかなくてはいけない季節ですね


IMG_8385



夏は、水やりも大変だし、
と思われるかもしれませんが、
実は夏の寄せ植えは相反するんです。

「暑くて土がすぐに乾きやすい」

その反面

「蒸れやすい」

蒸れやすいというのは、湿気ているはずですが
土は乾きやすいと反していますよね。


水が切れやすいのに湿気てる?


なんで?


蒸れて湿気ているのは、
葉と葉の間の株元ですが、
その湿度が降りてきて
土も湿ってもいいはず。。。



この視点ですと、
寄せ植えにとってデメリットでしかありません。


でも、逆にメリットにしてみると、

「湿気で潤っていて水切れしにくい」

こんな寄せ植えが作れたらな〜

と観察して、色々な株と株との間隔を試して
蒸れない間隔を発見したのが
この教室でご紹介する方法です


YouTubeでは、なかなかお伝えし切れない
細かいコツもレッスンではたっぷりお時間もありお話しできるので、
ぜひこの価格のお得な教室で学んでみてください


詳細・お申し込みは、
ご確認ください

会場最寄り駅は、大宮駅となります。
(JR埼京線、湘南新宿ライン、高崎線、京浜東北線)




ベランダや玄関に
ぜひ飾ってみてください




IMG_8393



ーーーーーーーーーーーーーーー
他、寄せ植え教室

◆川口緑化センター
    ※春の小品盆栽展も同時開催されています。

    ※朝顔・ほおずき市、観葉植物の寄せ植え展が同時開催されています。

お車の場合は、イベントがあるため、混雑しますので、
少し早めにお越しください。


こちらもぜひ

おはようございます^ ^

寄せ植えデザイナーの西山です。

こちらでは、動画でお伝えしきれないことをお伝えしていこうと思います

IMG_8030



寄せ植えは、色々な植物を共存させていますが、
芸術的発想では、重ね合わせて絵画のように…

なんて表現でデザインすることもあります


でも、絵画ってどう描くの?

というほど、私は絵の知識はありませんし、

残念なことに下手です



では、どうすれば上手にデザインできて、上手に育てられるのか?


私はいつもほぼ水やりだけで育てています。


寄せ植えを作る手順は、
一番に「苗選び」を重視しています。

寄せ植えのすべては、苗選びにある、と思っているので。


え?培養土は?容器は?

と思われるかもしれませんが、私は断然「苗選び」に命をかけます

培養土は、値段相応ですし、
容器は、苗ありきの容器です。


その大切にしている苗選びの一番の秘訣は…


「農薬のかかり具合」


を選びます。




これは、今まで話したことはないです。。。

なぜなら、一番大切なノウハウだからです!


そしてなぜお話ししようと思ったかというと、
この知識を無くしたいと思ったからです。


IMG_8055




農薬は色々な種類があり、寄せ植えを綺麗に作れるのは
この農薬あってのことだと思います。

農薬に感謝しています。。。

でもやっぱり、、、
野菜のように食べるわけではありませんが
少しは吸ってしまうので体には良くないことですし、
実は普通に量販店で販売している薬品でも
草丈を高くしない薬品があったり。。。


お花で食べるものでなくても
植物にもデザインにも育成にも影響するので、
私が寄せ植えに活かしている方法を
少しお話しします。



それは、特に矮化剤という
花の草丈を小さく保つ薬です。


このかかり具合が大切です。


かかりすぎてると見た目も窮屈で、広がらず、
広がらないということは、他の苗とも絡まらず、
絵画のような色の重なり合いが表現できません。

また成長過程でも、
葉や蕾は多いですが、小さかったり縮れていたりして
結局蕾は咲かずに終わってしまうこともあります。


そんな苗があったとき、私は、
その植物が新種で、どんなにかわいい花が咲いていたとしても
購入しません。


特にギフトで仕入れる時には、尚…



寄せ植えは、一つのある程度決められたスペース(容器)に
色々な国から来た植物を共存させるので
ここが一番大切な苗選びと思っています。


同じ種類の花でも、葉が小さかったり、蕾がいっぱいあるけど小さいものは、
あとあとを考えると逆効果になります。




良かったら苗選びのご参考に



今日も雨のスタートですが、
滑らないようにお気をつけください♪

ではでは〜✩°。 ⸜(* ॑ ॑* )⸝

こんにちは。


今日は、2回目のブログになりますが
雨続きでせっかく咲いたバラも散っています

もう梅雨に…とならないように
祈るばかりですが(^_^;)


IMG_8288



さて、以前からフツフツと思っていたことがあるのですが
寄せ植えデザイナーの資格の中に、

講師にはなれないけれど、
デザインが勉強できるグレード(級)を作ろうと思っています。


デザインのコースというと、難しく感じると思いますが、
誰でも(センスない方でも)作れるようになるためのデザインのコースと
ある程度経験のある方とはわけたクラスになって
今回は、前者の方を募集と思います。


秋に向けて準備中ですので
もうしばらくお待ちくださいね♪


あと、私の寄せ植えを見てくださっている方は、
YouTubeの普及もあり、遠方の方も多いので、
遠方の方も学べるようにオンライン講座も考えています


そのレッスンは、(仮)「寄せ植えデザイナー協会・無料会員」の特典として
会員限定レッスンと思っています


まだ夏も来ていませんが、、、
秋に向けて色々スタートしたいと思いますので、
準備しています^ ^


他にも会員(無料)の特典として、こんなことあったら良いなー
とご希望があったらぜひコメントください!
(メッセージでも良いですよ!お気軽に^ ^)


ではでは〜(* ॑꒳ ॑* )⋆*

こんにちは!

昨日もお料理研究家の方の料理レシピを
スマホだけで撮影するお仕事でした☺️

ゆるベジってご存知ですか?

今年、クックパッドの注目キーワードにもなった
言葉ですが、あな吉さんこと浅倉ユキさんが開発された
お料理の手法です^ ^

FullSizeRender




先日も書きましたが、
ご縁あって今一緒にお仕事させていただいてます。

私は、そもそもYouTubeで「寄せ植えの作り方」公開し始めたのは
日本初くらい古くからやっているので、誰にもみてもらえない日の方が多く、
視聴回数やチャンネル登録者数の目標もありませんでした

でも、やっぱり継続って大切だな〜
と実感したのが、このお仕事を頂いた時でした。


数年経った今では、
YouTube(動画)の関係のお仕事がたくさん来ています。



かといって、寄せ植えの仕事を辞めたわけではありません。


きちんと寄せ植え制作してギフトでお使いいただいたり
寄せ植えデザイナー育成も行なっています。


寄せ植えのお仕事をしていなければ、
動画のお仕事もなかったので、
忙しいからやめる、という選択肢はありません。

さらには、
このゆるベジの浅倉さんは、時間管理術の手帳も開発されていて、
私と同じ主婦であり起業されて、ご主人とは違う仕事なので
自分で仕事の管理をされている社長さまです。

お子さんも3人いらして、
つあんと毎日手作りのご飯を3色作られながら、
夜遅くまで仕事しています^ ^


そんな素敵なあな吉さん開発のお料理を
副代表のはちさんが、テキパキと作られる様子を
昨日も撮らせていただきました


IMG_8280
レモンムース

なんとお豆腐で作っているのです!

しかも、寒天なのにプルプル柔らかい爽やかなムースです。



IMG_8241
上から
米粉チョコレートパウンドケーキ
3色蒸しパン(人参、かぼちゃ、レーズン)

こちらもデザートやおやつの分類ですが、
米粉も柔らかいパウンドケーキになっていて
アーモンドが練りこんでありますが
アーモンドプードルではなく、アーモンドを砕いたものなので
油っぽくなく、いくらでも食べられてしまうほどのさっぱり感♪


3色蒸しパンは、3色なのに、緑は菜っ葉ではありません!

実は…

かぼちゃの皮なんです



IMG_8245
これは何?

一瞬、細めのたくあんにも見えなくもないと思いますが


こちらは、ニンジンのソーセージです🥕子供用かな?

と思いつつ食べてみると意外にも

ニンニク風味がほんのりと、
お父さんのおつまみになる逸品✨



昨日で、30本余撮影。



ゆるベジって、手間かけずにサラダで野菜を食べるの?
ゆるベジって、ゆるーい味付けで薄味かなぁ?


って、私は思っていましたが、

どこがゆるいの?!

というくらい、完成品は
味付けしっかり、おいしい野菜のままで
火を通すのでたくさんの食べられるんです


出汁や化学調味料、卵なども使わないのに
結構味付けがしっかりしていて
子供やご主人からもリピートされるお料理のようです



私も寄せ植えが、
こんなふうに気軽に楽しんでもらえたら良いな〜と
思いました





こんばんは!

今日は、自分のメモ書きのようになりますが
美味しくて、簡単なサックサクスコーンが出来たので、
その分量をご紹介します


本当は、小麦粉で作りたかったのですが
今日は家を出ない!
と決めていたので(4日のことですが)
在庫であったホットケーキミックスで作りました


まず材料と分量は、
ホットケーキミックス…2袋(300g)
オリーブオイル(サラダ油も可)…大さじ3杯
牛乳(うちは低脂肪)…75g

そして作り方は、
1、全部材料をボウルに入れてゴムベラで混ぜる。
2、粉っぽさがなくなってまとまってきたら、手でまとめる。
3、生地がツルツルになってきたら、平らなところで1cmの厚さに伸ばす。
4、お好みの型でくり抜く。(型が小さい時はコップでもOK)
5、180度に予熱したオーブンで15分焼く。


そうすると、、、

IMG_8036

こんな感じにサックサクのスコーンが簡単で
洗い物も少なくできます

一番左のように割れ目を入れたい時は、
生地をまとめる時にきれいにこねるのではなく、
雑に重ねていくとパイ生地のように何重にもなって、
焼いた時にひび割れします

型から抜き取った後も、切れ目はそのまま、
きれいにまとめるとスコーンぽくなくなります(^_^;)


なぜ急にこんなお料理の話をするの?

というと、、、

実は今、動画のお仕事をさせていただいてます

スマホだけで、撮影から編集まで行なうお仕事で
料理研究家の方の動画を100本撮影します

IMG_7884

IMG_7860


まだ撮影は始まったばかりですが、
料理レシピの動画を1日に10本以上撮影しています(*•̀ᴗ•́*)و ̑̑

編集ももちろん、100本(o´艸`)


そして、その料理研究家というのは、
ゆるベジというお野菜がたくさん採れて、
しかも面倒でない料理法を教えている方

あな吉さんです


なんと言っても、ゆるベジは、油少なく、化学調味料を使わず、
野菜の旨味や水分も最大限に活用して、無駄がない!

しかも、洗い物が楽!

慣れないうちは、薄味だなぁ〜と感じたら、
ちょっと普段の調味料を加えて、我慢はしなくてもOK♪

本当に名前のようにゆる〜く野菜を色々な方法で
食べたい時にとっていく感じです

簡単に作れるので、一生懸命作り置きなんてしなくても大丈夫ですし。



料理の本などは、17冊書かれていて、こんな感じです↓

あな吉さんは、他にもあな吉手帳という時間管理の手帳も開発されていて、
本当に多方面でご活躍です☺️


そんな方とご縁ができ、今一緒に仕事させていただいてます。




もちろん、手帳術も教えていただきました

そのおかげで、休みも増えました🌸


私も動画をお仕事にする気はありませんでしたが
ご縁あって、教えて欲しいというお声が増え、もう一つのお仕事としてやらせていただいてます


また、都内のカルチャーセンターでも
動画講座を開くことになりました( ॣ•͈૦•͈ ॣ)


秋からですので、もうちょっと先ですが。


自分でやりたい!
と思う仕事より、やってほしい!
と周りから言われてやると急速に発展する、
というのは、今の私だからです。

みんながみんな同じようにはいきません。


それを知るのが、春夏秋冬理論です。

占いのようで経営学な人生の法則。

良かったら、生年月日で判定できるので、
やってみてください




良いGWを


このページのトップヘ