2018年06月

こんばんは!


いつの間にか寄せ植え教室が締め切り前に
満席になっていました(* ॑꒳ ॑* )⋆*


毎月土曜日(不定週)で行なっている
川口緑化センターでの寄せ植え教室🌿

今回は、締め切り前ですが、仕入れのこともあるので、
確認の電話をすると、

「20名満席で、キャンセル待ちも…」

というお言葉が💦


でも嬉しいことです❗️



IMG_9214
IMG_9044
IMG_9673


今回は、どんな寄せ植えを作ろうか楽しみです🌸🌸🌸


テーマは、
「ハーブを使った香るコンテナガーデン」。



です。


8月は、お休みですので、
お車で来られる方は、
ぜひ寄せ植えを作りに来てください


6/30(土) 川口緑化センターにて
7/ 1(日)  大宮よみうりカルチャーにて

よみうりカルチャーでは、毎月第1日曜日に定期開催が決定しましたので、
電車で来られる方は、ぜひ作りにきてくださいね❗️
※よみうりカルチャーさんのトップページでご紹介いただいてます






こんにちは!

寄せ植えデザイナーの西山恭枝です✨


昨日は、突然猛暑のような暑さになりましたが、
逆に成長途中に雨が降るとちょうど良いかな、と思い、
昨日種を蒔きました✨


IMG_0359


そして、
即席でこんなトンネルの遮光ハウスも
作ってみました✊🏻


生産者の経験もこんな時に
一応役立ったかな、と😁


ここに用土を入れて、
毎年夏休み中に緑化センターさん主催の
の野菜です🥦


*  *  *  *  *

私の小学生の頃の夏休みの宿題を振り返ると…


わりと日記は、書いていたと思いますが、
8月のはじめぐらいまで😅


でもプールだけは欠かさず通いました

学校のプールもわりと好きで、級アップのために
毎日通い、空いてる時間はお友達と自転車で市営のプールへ行って、
基本的に外で過ごすことが好きでした✨


そして一番最後に残ってはいけないものが残ってしまう…

「自由研究」


やりたいと思うときには、
観察するもので日数もなく、
後悔先に立たず💦


結局、図書館で色々調べて、まとまりのない資料集を提出。。。


だからこそ、
自分の子供達も含めて、
親子でやれば楽しめるんじゃないかな?
と思って始めたのが、この教室でした


*  *  *  *  *


毎年、野菜の種から私が蒔いて
なるべく無農薬で育てて、
お子さんと一緒に植えるのも
とても楽しみです✨


今年は、ミニチンゲンサイです!


チンゲン菜を育てて小さいうちに食べるのではなく、
ちゃんと「ミニチンゲンサイ」という種で作ります



参加されるお子さんは、
ご兄弟で、2年生のお子さんもいらっしゃるので、
なるべく同じ野菜が重ならないように、と思いつつ、
この暑い時期の条件がなかなかクリアできる野菜が少ないのが弱点。


はじめた年から6年間は、

・今の時期に種をまける野菜
・7、8月の暑い時期でも育つ野菜
・小さなプランターでも育てられる野菜

などの条件がある中、
緑化センターの方と色々調べたり打ち合わせを何度も行なって
一度も休むことなく続けることができました


そして今回は、
5年前に行なったミニチンゲン菜。


小さいので、早く育って夏休み中に収穫できるので、
観察日記用のプリントもつけて自由研究に



もう1年生から受けてくださったお子さんは、中学2年生!

ちなみにうちの下の子も中学2年なので、
小学1年生の時に始めた年であり、
ゆとり教育が終わった年ですね


頑張ってスマホを何とか仕事に使っている私💦でも
子供達の受けている教育内容の違いや
これから未来に向けて大学受験のセンター試験がなくなる
という問題などなど、変化の激しさについていけるかと思いますが、
意外と子供達は柔軟で、
「どうにかなるよ」と学校の先生を信じています


信じる力ほど勇気付けられるものはないな、
と思うのと同時に、
野菜教室で教えているお子さん達が
真剣にメモしたり話を聞いてくれる姿が
私の8年間の励みになってるんだな、
と気づきました


今日も暑いですが、
水分補給して塩分も適度にとって、
頑張りましょー




こんにちは!

先日は、大阪での地震で多くの被害があり、お見舞い申し上げます。

私の住んでいる関東では、東日本の震災が思い出されますが、
改めて防災の意識を振り返りたいと気づく出来事でした。



天気は、昨日夏晴れのような照り返しがありました。

その晴れ間に、娘の体育祭は無事開催されました

中学生にもなると、女子なところが増して、
外見も気にし始めています

まだ娘は色付リップでとどまっていますが、
この先どうなることやら、、、
と、手をかけられないもどかしさも感じています



マリーゴールドの寄せ植え



さて、
手をかけられないもどかしさというと、、、
プロの講師への寄せ植えデザイン育成も同じです。

特に草花の自然を相手にしたデザインは、
育てることも考慮しなくてはいけなく、
「デザイン」と一言に言っても実はとても複雑です。


寄せ植えデザイナーの講師は、関東だけでなく、
東北にも講師として活動しています。

その講師と私は、顔を合わせてお話しはしていますし、
レッスンも顔を見ながらレッスンしています。

ですが、直接お会いしたことはありません。


これは、最近ビジネスの中で良く利用されている「ZOOM」(ズーム)という
ネットのテレビ電話サービスです。

もちろん無料のシステムで、Skypeと同じような仕組みです。


私も他の仕事で一緒に仕事しているビジネスパートナーとは、
お互いスケジュールが詰まっていて移動時間を考えると会えず、

でも、
夜の夕飯後の2時間なら空いている!
昼間も外出するけど1時間だけなら空いてる!

というときに、

自宅でこのズームを利用して打合わせをしたり、
複数人で会議を行なったりしています。


そこで、
寄せ植えデザイナーの認定講師も全国から募集して、
このズームで寄せ植えレッスンを行ない、
技術アップできるか受講してもらったところ、

効率よく、普段のレッスン時間と変わらず、
レベルアップすることもできる、ということがわかりました



今回ご紹介する寄せ植えレッスンの一般公開にあたって
詳しいご案内も作りましたので、
ご興味ある方は、まずこちらをお読みいただければと思います


寄せ植えレッスン初!オンライン講座


※ブログをお読みの方を優先にご案内しておりますので、
 寄せ植えデザイナー協会のトップページではなく、
 上記のリンクよりお入りください。




このページのトップヘ