こんにちは!


遅くなりましたが💦続きのご紹介を🌹🌹🌹


今回は、著名人のガーデンなどをご紹介します✨




まずは、入ると直ぐにおもてなししてくれた


🌼ウェルカムガーデン🌼


マーク・チャップマンさんが手がけた

「世界一美しい庭」と評されるカナダのコロンビア州にあるブッチャートガーデンのエッセンスを取り入れた庭です。

ブッチャートガーデンは、1904年にジェニー・ブッチャートさんが夫の所有する荒れ果てた石灰岩採石場を美しいガーデンに生まれ変わらせたという庭です。

その広さは、220,000㎡の広大な庭園のようです。

ステキですね〜✨
 


入場口からオープンと同時に入り、皆さん向かうところはほぼ同じ。

こちらのバラの香りからスタートしました🌹

それぞれのバラの色はもちろん、高低差の性質や花の大きさを使い分け、彩っていました。



 


次は、まわった順ではありませんが、

料理家の平野レミさんがイメージするキッチンガーデンです。



🌼レミ・アン・ローズ🌼



左下のケールは、黒キャベツとも言われているカーボロネロで、イタリア料理のスープに使われています。




庭を作ったのは、昨年こちらのガーデン部門コンテストで受賞されたガーデナーの方です。


もちろん、庭はすべて食べられるお花ではありませんが、

吊り型のハンギングバスケットは、色鮮やかなナスタチュームを中心に

バジルやスイスチャード、オレガノ、ローズマリーと料理に使って、食せる植物のみで作られています💕






次は、志穂美悦子さんの花空間です。



🌼清廉 -seiren- 🌼






テーマは、「和の息吹く花の世界」🌸


独特の感性でダイナミックですが、まとまりのある作品で、落ち着いた雰囲気も楽しめました😊


水墨画をイメージされて大木の動きとともに空間をより立体的に表現して、鏡に映る様子を描いて色々な視点から楽しめるように作られているのが伝わってきました。

 




次回は、コンテストのお庭をご紹介したいと思います〜🌹🌹🌹