こんにちは!


今日は、梅雨の合間の暑さです




その中、娘の通っている学校の卒業生の講演会に参加してきました

今は、あるテレビ局にお勤めになっているのですが、サクラセブンズでリオデジャネイロ五輪のメンバーだったのでビックリしました



大けが、親の反対、単独での突然の海外留学、人生の転機など・・・

娘の学校は、女子校でお嬢様学校と言われているため、ラグビー部はもちろんありません

ですが、どうしてもと、中学3年でラグビーを始めたなどのお話しを



ラグビー



その中で、大変だった時期、今も大変な時は、、、

「乗り越えられない人に試練は与えられない」


という言葉を励みに頑張っているそうです。



その環境は、私も似ている経験をして、まさにこの言葉を私も春夏秋冬理論で学び、励みにしている言葉なので、共感しました




生きていると、色々な怪我や事故、事故のような出来事等々たくさん乗り越えられて来ていると思います。



そのとき、何故乗り越えられたのか?


なぜ、乗り越えられなかったのか?


諦めたのは正解だったのか?



そんなふうに、過去を振り返って、頭の中を整理整頓すると、実は今の生活が良くなるのです




もう一度、おさらいで「春夏秋冬理論」の判定で、自分の季節を忘れてしまった方は、こちらを

まだの方もこちらで判定をお試しください




特に、左上の「現在の季節」が自分の季節です。



たとえば、「夏の1年目」などとなっているところです。



それぞれにテーマがあるので、この判定ページのテーマだけをご紹介します



冬1年目
「秋に起こったことを検証する」

冬2年目
「自分の立ち位置を整える」

冬3年目
「真の問題と闘う」

春1年目
「整えた土壌に、手を抜かずに水や肥料を与える」

春2年目
「自己探求して決意のもとさらに進む」

春3年目
「破壊と創造、次のために潔く手放す」

夏1年目
「チャレンジのために、一つになる」

夏2年目
「自分の限界に挑む」

夏3年目
「自分の気持ちにふたをせず、勇気を出して解決」

秋1年目
「自分を信じ、大きな流れを信じる」

秋2年目
「やりたいことをかたっぱしからやってみる」

秋3年目
「一喜一憂とせず、すべてを収穫と楽しむ」




これは、ビジネスでもプライベートでも、趣味でも、何でも当てはまります。


この12年で1サイクルなので、どれか一つを抜き取って考えるのではなく、冬からスタートして秋に着地する、というイメージで、また秋3年目のあとは、冬1年目からスタートします。



また、頭の中で漠然と振り返りをするよりも、この春夏秋冬理論(もっと詳しい解説で)にあてはめると、もっとくっきりとストーリーが浮かび上がってきます。




収穫の秋



また、秋と冬で変わる時に、すべてが終わってしまうようなイメージにならないよう、「冬」には秋の検証が必要です。



秋には、収穫という言葉から「受け身」のイメージがありますが、植物もそうですが、秋には秋に出来ることがあります。

収穫も悪い収穫ばかりでなく、良い収穫もあり、身動きができない季節でもありません

軌道修正もできます。




特に、人生の転換期、生活が一変してしまうような出来事が起こりやすいのが、春3年目ですが、


人生で一番大切な季節、というのはありません。




人生の転換期(変化)




どの季節にも、予想外のことが起こります。




ただ、得意な季節と不得意な季節はあります。



この12年の区切りの中では、どの季節も大切で、役割りがありますので、

「不得意な季節をどう乗り越えるか?」

「得意な季節に逆に気をつけた方が良いことは?」



…など。


これは、個々の環境やお仕事に合わせてもっと具体的にアドバイスをしていますので、講座がお薦めになります




講座での内容は、安心の場作りも心がけておりますので、守秘義務として口外しないことをお約束いただきます。
(ブログ、SNSへ匿名でも投稿不可です。)

なので、さまざまなお悩み事を踏み込んでご質問くださっているので、解決法もすぐにアドバイスできる環境です




私もアシスタントとしてお手伝いしていますが、

思い悩んでいる方はほぼいなく、、、どちらかというと私がパワーをいただくような方ばかりです。


それも、この春夏秋冬理論の開発者の方(出版本何冊か数えきれません・・)の主催で行なうと全国からご参加いただいています



はるばる飛行機でもお越し頂いたり、あるいは占星術師の方、大会社の社長様などなど、ビップな方が多い講座で、自然とパワースポット化してしまう講座なのです




今回は、埼玉県の弊社のセミナールームですが、主人は「夏生まれ」でエネルギッシュなので、アドバイスに手抜きをせず、持ち前の分析力を活かした勉強会になると思います



ご興味ある方は、リーズナブルな講座でもあるので、ぜひこの機会に

『春夏秋冬理論を学ぶ会』




・・・あ、でも宣伝のためだけに書いたのではありません


春夏秋冬理論、本当にオススメなんです〜 

ということですので、一緒に開発されたアストロロジャーの方のホームページもご覧ください

『シーズンズのホームページ』



では、近々また造花で豪華な動画をアップします〜