カテゴリ: リフォーム

こんにちは!


春になると、書く話題が増えますね 


追いつかない程、色々書きたいことが増えてって、あっという間に1週間経ってしまいそうなので、ながら書き、をしていきます


芝生の根止め・エッジング



まずは、先日の「芝生の根止め」ブログの補足から



100円ショップの収納グッズの長さが、約50cmですが、

本来の園芸専用販売品は、

「根止めフェンス」「芝の根ストッパー」「エッジキープ」「ガーデンエッジ」などの商品名となっています。


もちろん!

本物が一番良いのですが、ちょっと計算してみました




この商品は、40枚セットで販売されていることが多く、安いものでは約1,500円、高いものは約3,500円ほどです。


1枚の大きさで、深さは13cm〜14cmほど、幅が16cmです。


40枚合計の長さ(幅)は、6.4m。




そして、100円ショップものでは、、、

6.4mの長さは、12.8枚分でおぎなえるので、そして2枚で1セットなので、6.4袋で、、、

7袋必要になります。

 


つまり、本物の価格が一番安い1,500円(平均)として、100円ショップは同じ長さを揃えると7袋あれば同じ長さがまかなえるので、700円(税別)となります。



差額が、800円でした。




重ねて書きますが、品質は違うので、あくまでも代用品としてですが、

値段だけ比較するとこの差額があったので、ご参考になればと思いました
 


今日は、会社の財務処理日で、頭の痛い日なので、

息抜きにまたあとで、庭の様子も書きたいと思います〜
 


 

 2016年11月に施工した事例 


庭施工前


*分譲マンション庭付き(約200㎡)

*条件
 (1)前入居者が敷いていたガーデンタイルを使用希望。
 (2)子供が生まれたので、平で遊びやすいスペースが欲しい。
 (3)手入れの簡単な庭にしてほしい。(雑草がなるべく生えない)
 (4)排水が悪く、ゴキブリが出やすいのを防いでほしい。

*施工日数:4日間



 ◆ 施工内容 ◆ 

1. 排水口と出入り口(手前)
2. 排水口周り
3. 花壇周り(奥側の左右)
4. 壁側(左側)
5. 全体



1. 出入り口から排水口   


<施工前>
庭出入り口
出入り口のタイル。

施工前:出入り口から排水口へ
出入り口から排水口までのタイルの道。途中物置が設置されている。


   ↓

<整地>
で入り口の整地
出入り口の下は、砂利とタイルを取り、整地しました。

整地:出入り口から排水口
出入り口から排水口にかけての整地。こちらも砂利とタイルを取る。

   ↓

<完成>
完成:出入り口
出入り口は、別のタイルを利用し、新しい化粧砂利を敷きました。

完成:出入り口から排水口
出入り口から排水口への間は、全面に敷いたジョイントタイルを敷き、敷いてあったタイルは、花壇の周りに使用しました。



 2. 排水口周り  

<施工前>
排水口周り:施工前
枯れ葉を除去し、タイルを一度剥がす。排水口は枯れ葉で覆われていたので、すべて排除。

   ↓

<整地>
排水口周り:土整備
排水口の周りを整地すると、雑木の根が張っていたので除去。散らかっていた石も木の株元に集めて整理。

   ↓

<仮置き>
排水口周り:防草シートとタイル
排水口の上には、通気性だけ確保し、人口芝生で砂利などが落ちないように処理。

   ↓ 
 
<完成> 
排水口周り:完成
化粧砂利で四角い人工芝を丸く仕上げました。





 3. 花壇周り(左右両側)   


<施工前>
花壇周り:施工前
花壇のように仕切りがしてあり、レンガ半分埋まっていました。
花壇は培養土などで作られておらず修正し、改めて花壇を作成。



*上記写真の左側*

<整地と仮置き>
花壇整地とデザイン変更
生け垣の椿の下は根が張っているため、レンガをそのまま高さを揃え直し、放置状態のレンガを花壇の仕切りに使用。

   ↓

<完成>
花壇:培養土
草花や野菜を育てられる培養土を使用。

花壇:完成
ご依頼から、ゴキブリが出やすい場所が花壇の左側のようでしたので、ゴキブリ防除できるローズマリーを植え込みました。




*上記写真:右側*

<施工前>
花壇右側:施工前(ソテツ植え付け)
ソテツを植え付けたいとのご希望よりここに設置。


樹木下の整地
ソテツを植え付ける右側

   ↓

<仮置き>
ソテツ周り:仮置き
タイルの面は、すべて下に防草シートを張り、花壇用のレンガもまだ余っていたため、樹木下も仕切りました。

   ↓


<完成>
花壇とソテツ

花壇右側:樹木下

花壇風:樹木下

ソテツの植え付け
ソテツの無駄な葉も刈り取り、培養土入れ替えて植え込む。




 4. 壁側  


<施工前>
壁側:施工前
砂利とタイルが敷いてあり、傾斜も壁側が低くなっているため常に湿っている様子。

   ↓

<整地と仮置き>
整地後仮置き

   ↓

<完成>
壁側完成

壁側の防草シートが見えないように、あえて空けて砂利を敷きました。





 5. 中央部分  

<整地前>
庭施工前全体
排水口は写真左下にあるのに対し、全体の傾斜が左側の壁沿いに向かっていたため、排水まで左から右に流れるよう修正。

   ↓

<整地>
傾斜整備
壁側を高くし、タイルが貼れるように傾斜を排水口に向けて平らに。

   ↓

<防草シート>
防草シート敷き
タイルと砂利スペースに丈夫な防草シートで草刈りの手間のないよう処理。

   ↓

<完成>
全体完成
敷いた後、タイルを洗浄し、全体完成。



◆条件の解決
 (1)前入居者が敷いていたガーデンタイルを使用希望。
  ・ジョイントタイル
   ジョイントタイル
    ↓
   欠けたジョイントタイルの利用
   ※欠けているところを利用し、排水口の周りに添って斜めにデザイン。


  ・ストーンの木目タイル
   ストーンの木目タイル
    ↓
   花壇前タイル
   ※「3、花壇周り」に使用。

  ・花壇用レンガ
   花壇用レンガ
    ↓
   花壇用レンガ(花壇)
   ※「3、花壇周り」に使用。レンガは2種類あり、場所によって使い分け。
    また移動自由にするためレンガのジョイント部分は固定なし。


 (2)子供が生まれたので、平で遊びやすいスペースが欲しい。
  ※「5、中央部分」のジョイントタイル部分をお子さんが遊びやすくするため、砂利を除去し、なだらかな傾斜に。

 (3)手入れの簡単な庭にしてほしい。(雑草がなるべく生えない)
  ※花壇と樹木下以外の全面に防草シートを設置。業務用の丈夫な防草シートで長期張り替え不要。
 
 (4)排水が悪く、ゴキブリが出やすいのを防いでほしい。
  ※「3、花壇周り」「4、壁側」に水がたまらないよう地面を高くし、排水口に流れるよう傾斜を促す。
  ※花壇にゴキブリ防止のローズマリーを植え付ける。






このページのトップヘ