タグ:ミニ

こんにちは!


あれから100円ショップの造花が気になり、

他のお店の造花も探索して、また作ってしまいました 




あ、でもまた◯イソーです^^





今度は、ハンギングバスケット風に、

でもいくら100円ショップとはいえ、

本格的な大きなハンギングバスケットでは、大変だな〜

と思い、ミニバージョンでと思って、探していたらありましたよ〜〜〜





ちょうど良いパンジー?ビオラ?・・・

どちらかはわかりませんが、たぶんパンジーですが、、、

ありました、ありました 



100ショップの造花でガーデニング

 

容器は、キッチンなどで使うマグネット磁石付きの入れ物です 


100円ショップ*マグネット磁石付容器
 


ポイントは、この半円のカーブ型と側面になる部分の穴です 




スリットバスケット風のイメージにピッタリだったので、

「すごい!これがいい!」と即決めました^^




で!



この花材の中で、工夫しなければいけない子がいますね 

パンジーさんが、アイビーのように下垂性の植物に変身しているので、

また立性の上に伸びるパンジーさんに戻したいと思います



パンジーをカット
 


1枝ごとに細かくカットして〜、



さらに、さらに、、、

よく見ると、茎がピローンと伸びていて、

徒長したようになっているので、

もうちょっと短い方がカッコいいかな〜、と整形



パンジーの枝
 


本物のパンジーのイメージはこんな感じで、花帆の首が短いのが良いですね


自社生産パンジー



ということで、カットしてみました。


パンジー格好良く

 
いい感じです 




他のカラーリーフと小花は、普通にさしやすくするために、3センチくらい残してカットします。



小花(黄色)
 


小花には、パンジーの紫と反対色(補色)のマーガレットのような花を使ってみます



カラーリーフ(造花)


シュガーバイン(造花)




カラーリーフの小さい方は、多肉植物っぽいのですが、

オレガノ・ケントビューティーとしてイメージして使おうかな〜

と思い、オレガノとして使います





下垂性の方は、見てすぐにわかりますね!

シュガーバインです
 



今回の総額は、スポンジを含み『800円』で、

完成サイズは、縦 24cm × 横 20cmでした




そして、

完成品はこちらです 










100円ショップの造花でミニハンギングバスケット



合計800円




 ミニハンギングバスケット(造花)





容器の後ですが、



容器のマグネット磁石



マグネット磁石になっているので、

IKEAの帽子&コートラックがスチール製でしたので、

かけてみました



良かったら、みなさんも作ってみてくださいませ〜




ではでは〜






こんにちは!


今日は、朝どんよ〜〜〜〜り真っ黒な雲で、

娘も「朝なのに暗いね〜」と言ってしばらく経つと、、、

大雨が降っていました

でも歩きの息子は雨がちょうど弱くなり、無事登校でき、

今はちょっと明るくなってきました





さてさて、

先日、100均に用があり、ガーデニングコーナーも新しいのあるかなぁ〜、

とふらふらと歩いていると、造花が豊富になっている気がしました 

凄いですね〜、100円ショップは!

次々と質も良くなって来て、どこまでも品数が絶えませんね




フッと思い出して、前に私が作ったアーティフィシャルフラワーのミニバージョンの寄せ植えを100均で再現出来るのでは?

と思いました




が、この日はちょっと急いでいて、時間がなかったので、

今度作ってみたいな〜と思いますので、





今日は、以前作った作品をご紹介します

アーティフィシャルフラワーのミニ寄せ植え(ピンクのミニバラ)

ピンクをテーマカラーにしました

この造花は、プロ用のものですが、草花にある品種っていうのが、

形が小さくなればなるほど難しくなるんです


100円ショップでも同じように、草花にある品種で・・・というのはかなり難しいと思うので、

雰囲気だけでも「寄せ植え」っぽくするのが良いですね。





アーティフィシャルフラワーのミニ寄せ植え(白いパンジー)


こちらは、白いパンジーですね。

ちょっと和風っぽく、松のような葉とカルーナのような花を使ってみました

容器は、10センチくらいの小さめなカゴです。



アーティフィシャルフラワーのミニ寄せ植え(グリーンのミニバラ)


こちらは、バラでも中輪系ですね.

赤い実は、ヒペリカムです

ヒペリカムも色々な色があって、明るい赤いものもありますが、

シックな雰囲気がでないな〜と思い、

このような濁った色、、、いえ、落ち着いた色のヒペリカムにしています




こんな感じで、もう一つ寄せ植えに見せるために気をつけていることは、

「苗だと思って1つにまとめる」ということですね^^



花1本1本を多方面に散りばめるデザインも素敵ですが、

寄せ植えとフラワーアレンジとの見分けがつかなくなるので

ある程度まとまって花を配置することに気をつけています



あとは、 販売されている植物名を確認しつつ、惑わされないこと

間違いではないのですが、色合いがちょっと見えないものもたまに・・・





例えば、商品名が「ラベンダー」となっていても、

ラベンダーというよりカルーナの花に見えるな、、、

と思ったら、

カルーナの花として使う!

という感じです 




ぜひ、室内でガーデニングを楽しみたい方にオススメです 




 

このページのトップヘ