タグ:100円ショップ

こんにちは!

まだ寒い日があるようですが、どんどん春の声が聞こえ始めてきました

いつも「お花」を庭やベランダでも飾る環境のない方も
楽しんでいただけたらなぁ〜、ということで、

YouTubeで気軽に作れる100円ショップの造花を使った
寄せ植え風アレンジでご提案させていただいていますが、

そちらで「桜を使ったもの作ってほしいです」というリクエストがあり、
リースにして作ってみました


こちらです





こちらでは、2種類のを使っています


あと、菜の花の黄色が桜ととても相性が良いので、
ミモザと合わせてみました


良かったら、家の中でもを味わってみてください



こんにちは!


昨日、誰でも作れるミニハンギングをYouTubeで公開しましたが、

色々なお花を入れ替えた写真をご紹介します





動画は、こちらです


 



まず、交換用のフラワーリング&ベース(グリーンと小花)


カラフルで交換可能なミニハンギング


ベースは、3個のパーツから作っています。


そこにお花のリングをはめこむだけ


花の入れ方


花を交換



後ろは、特にワイヤーで止めなくても大丈夫です



では、ピンクから…


100円ショップの造花ハンギング:ピンク



グリーンのお花(?)


100円ショップの造花ハンギング:グリーン




黄色は、動画でも飾ってみましたが、

100円ショップの造花ハンギング:黄色




そして、私のお気に入りの色「紫」…

100円ショップの造花ハンギング:紫




中のお花の直径は、約10〜12センチまでがピッタリです
 


今後も中に入れるお花を、季節によって模様替できるように

色々な種類のリングを作ってみようと思います 



良かったらご参考に〜
 



 

こんにちは!

今日は、先日作った100円ショップの壁紙を使ったボードを作ったので、その作り方が参考になればと思い、ご紹介します 

特に他の方の作り方を参考に作っているのではないので、こんな作り方もあるんだ、という程度の参考かと思いますが、良かったら 



まず用意するものです。

ダイソーで2商品

お店は、ダイソーです。

購入するものは、

発泡スチロールの板…1枚
 サイズ…12×600×420mm(A2)

リメイクシート(ホワイト)…1袋
 サイズ…45×90cm

合計 200円(税別)


他に用意するものは、

・半透明の梱包用テープ
 (なければ購入した方が貼りやすくなります)
・ハサミ
・カッター





次に貼る場所を確認します。

2、貼る場所を確認

 
壁紙を広げて裏側にします。

マス目が付いているので、上は5マスぐらい、横は左右半々になるように置きます。


下はカットする


下は、カッターの置いてある上の太いラインでカットします。




粘着シートを半分だけめくってボードを貼る。

3粘着シートを半分めくる

静電気でくっついてくれるような木製テーブルなどで作業すると、折り目が持ち上がらず、作業がやりやすいです。


ここにボードを乗せます。


粘着部分にボードを置く


上と左右は、目分量ですが、粘着部分に強く押し付けなければ、発泡スチロール素材はシートに付きにくいので、少しずつずらすことが出来ます。

ほぼ場所が決まったら、しっかりボードの上から壁紙を抑えるように押し付けて、、、


残りの半分を取る


残りの半分のシートを下に引っ張って剥がします。

このときに、しっかりと上の方を抑えていれば、前面にシワができません





四つ角を固定します。

短いテープを4枚用意

短く切った半透明テープを4枚用意します。


これをボードとシートの四隅に貼りますが、前に出ないように…

四隅のテープを貼る


テープは、発泡スチロール横の厚み1.2cmのうち、1cm〜0.6cm(半分)のところにしっかり貼って、強めに引っぱりながらボードに貼付けます。



四隅にテープで固定
 
この四つ角にテープを貼ると、この後の作業がやりやすく、キレイに仕上がります。



 

四つ角の壁紙をキレイに折り込みます


5四つ角折り込みカット

まずは、ここをカットします。

折り込む

 
次は、上側の壁紙をボードに引っ張りながらくっつけます。


そして、ここもきれいに折り込めるように、カットします。

細くカット


上部分の厚みの角に合わせて、細くカットします。


折り込みとカット


先に細くカットした方を折り込みます。


次に、前に壁紙がはみ出ないように「ここもカット」を少しだけカットして…

四つ角完成


これをあと3ヶ所、同じように貼っていきます。

四つ角





 
側面部分をキレイに貼付けます。

側面を上げる

発泡スチロールには、素材的に貼りにくいので、半透明テープで止めていきます。

貼る前に、赤いのように引っ張りながら、仮で貼付けます。

しばらくはくっついているので、その間に…


半透明テープを貼る
 

半透明テープを横から付け、ここでもキレイに仕上げるコツ

テープの貼り方ポイント

 
ここから引っ張るように折り曲げて、発泡スチロールと壁紙が固定されるようにして、テープを全体に貼付けます。


引っ張って付ける


両側を貼付けて、出来上がりです




撮影と写真加工(おまけ)


 〜加工前〜

撮影(加工前)


撮影する時は、ボードが切れているところも撮影してしまって、、、


撮影(加工後)


写真加工して、横の部分をカットして出来上がりです


また、同じボードを2枚作ると、、、


ボード2枚使用


大きめの寄せ植えを作った時にも使えるようにしてみました


良かったら、ご参考に〜





 

こんにちは!


今回も大きな台風の影響で、各地で被害が出ましたが、

特に今年は、日本を縦断する台風が多いように感じます


無理しないよう、そして早い回復をお祈りいたします。




今回の100円ショップは、お店を変えてみました


前回は、隠すまでもなく、、、ダイソーでしたが、

今回は、セリアです🌸





Facebookでもご紹介した

「ラベンダーの造花でムスカリ風コンテナ」

は、とても簡単なので、こちらのブログでご紹介しますね💕



用意した材料は、こちらです!


4本で1束のラベンダーを2束、

口径5センチほどの小さなコンテナ1鉢、

造花用スポンジ(アクアフォーム)を少々、

100円ショップの緑のコケ(モス)を少々です。



コケは、以前ダイソーで買ったものです🙇



鉢に使う材料は、ボンドとグリーンモスですね。


【作り方】
1、鉢にスポンジをセットします。



これを容器の内側の形に合わせていきます




上から見て、少しだけ内側をカットします。




ここまで、だいたいの大きさを揃えます。

次は、角をそぎ落として部分です。





あとは、鉢の下のカーブに合わせて、テキトーにで大丈夫なので、下の部分をカットします。




この形を基本に、微調整をしながら、容器に入れます。




コケの分のスペースも確保するために、

容器より低めにカットします。





コケは、そのままですとバラバラに落ちてしまうので、ボンドで貼り付けます。






コケを貼ったら、花を用意します♪





茎をカットする場合は、葉と茎の付け根ではなく、茎は少し残してカットします。


長さは、容器の深さと同じくらい長くしすぎず、1センチより短すぎなければ、長さを揃えずテキトーで大丈夫です👍🏻



このラベンダーは、草丈の高さに高低差が付いているので、それを活かして、葉の根元まできちんと指します。




コケをきれいに敷いているので、窮屈にならない程度に中央に花を集めて指していきます


まっすぐに挿すだけでなく、少し傾けたりして四方に向けていくところが、センスですね💕



出来上がりと大きさは、こちらです







良かったら作ってみてくださいね〜💕✨



 

こんにちは!


あれから100円ショップの造花が気になり、

他のお店の造花も探索して、また作ってしまいました 




あ、でもまた◯イソーです^^





今度は、ハンギングバスケット風に、

でもいくら100円ショップとはいえ、

本格的な大きなハンギングバスケットでは、大変だな〜

と思い、ミニバージョンでと思って、探していたらありましたよ〜〜〜





ちょうど良いパンジー?ビオラ?・・・

どちらかはわかりませんが、たぶんパンジーですが、、、

ありました、ありました 



100ショップの造花でガーデニング

 

容器は、キッチンなどで使うマグネット磁石付きの入れ物です 


100円ショップ*マグネット磁石付容器
 


ポイントは、この半円のカーブ型と側面になる部分の穴です 




スリットバスケット風のイメージにピッタリだったので、

「すごい!これがいい!」と即決めました^^




で!



この花材の中で、工夫しなければいけない子がいますね 

パンジーさんが、アイビーのように下垂性の植物に変身しているので、

また立性の上に伸びるパンジーさんに戻したいと思います



パンジーをカット
 


1枝ごとに細かくカットして〜、



さらに、さらに、、、

よく見ると、茎がピローンと伸びていて、

徒長したようになっているので、

もうちょっと短い方がカッコいいかな〜、と整形



パンジーの枝
 


本物のパンジーのイメージはこんな感じで、花帆の首が短いのが良いですね


自社生産パンジー



ということで、カットしてみました。


パンジー格好良く

 
いい感じです 




他のカラーリーフと小花は、普通にさしやすくするために、3センチくらい残してカットします。



小花(黄色)
 


小花には、パンジーの紫と反対色(補色)のマーガレットのような花を使ってみます



カラーリーフ(造花)


シュガーバイン(造花)




カラーリーフの小さい方は、多肉植物っぽいのですが、

オレガノ・ケントビューティーとしてイメージして使おうかな〜

と思い、オレガノとして使います





下垂性の方は、見てすぐにわかりますね!

シュガーバインです
 



今回の総額は、スポンジを含み『800円』で、

完成サイズは、縦 24cm × 横 20cmでした




そして、

完成品はこちらです 










100円ショップの造花でミニハンギングバスケット



合計800円




 ミニハンギングバスケット(造花)





容器の後ですが、



容器のマグネット磁石



マグネット磁石になっているので、

IKEAの帽子&コートラックがスチール製でしたので、

かけてみました



良かったら、みなさんも作ってみてくださいませ〜




ではでは〜






このページのトップヘ